『ストレンジャー・シングス』シーズン2は一晩でイッキ見するのがベスト!

『ストレンジャー・シングス』シーズン2を一晩でイッキ見してしまった

image: 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン2公式サイト

Netflixオリジナルドラマの『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。シーズン1を観終わった翌日、金曜日の晩ということもあり、シーズン2をそのまま一晩でイッキ見してしまいました。色々あって記事を書くのは遅くなりましたが、シーズン1を遥かに上回るスケールと、相変わらずのスリリングなストーリー展開。そしてさらに魅力が増した登場人物達について、改めて紹介していきたいと思います。
※この記事は『ストレンジャー・シングス』シーズン1のネタバレを含みます。未見の方はご注意ください。

シーズン1のあらすじと登場人物は こちら

『ストレンジャー・シングス』の登場人物
シーズン2からの登場人物

マックス
マイク達のクラスの転校生の少女。スケボーとゲームが上手で、男勝りな性格。義理の兄のビリーとは仲が悪い。

ビリー
マックスの義理の兄でスティーブ達の同級生。他者に対して威圧的で、特にマックスに対してはキツく当たる。ナルシスト。

ボブ
ジョイスの恋人。電気屋の店主で謎解きが得意な、もといじめられっ子。ジョイスとはラブラブだが子ども達からの信頼を得ることに奮闘する。

マレー
フリーランスのジャーナリスト。シーズン1で死んだバーバラの両親に雇われて、ホーキンスの街で起こっている謎の事件を追っている。

カリ
シーズン2の冒頭に出てくる、人に幻覚を見せる能力を持つ少女。エルと同じ研究所で実験対象とされていた。

シーズン1の結末〜シーズン2のあらすじ

シーズン1で怪物に攫われて行方不明だったウィルは平行世界の“裏の世界”に囚われてた。“裏側の世界”にウィルを探しに行ったジョイスとホッパーの活躍によりウィルは発見され無事に生還を果たし、怪物も最後はエルの超能力によって消し去られたが、怪物を消し去ることに力を使いすぎたエルは、怪物と一緒に現実世界から消えてしまうのであった。
一ヶ月後、回復したウィルはまたもや“裏側の世界”が垣間見えることに驚愕する。

事件から一年後、マイクは未だにエルを探していた。ウィルは時折見る“裏側の世界”の影に悩みながらも研究所の治療を受け、ジョナサンは相変わらず弟の面倒を見ていて、ジョイスは恋人のボブに支えられながら、ウィルやジョナサンと幸せに暮らしていた。
ダスティンとルーカスは、転校生のマックスが気になるようで、ナンシーはスティーブとよりを戻していた。
そしてホッパーは、カボチャ畑が腐らされていたという、奇妙な事件の捜査をしていて、エルはそんなホッパーと密かに暮らしていた。

平和が戻ったかに見えたホーキンスの町を、“裏側の世界”の脅威がまた襲い出す。


シーズン2のここに注目

シーズン2では、それぞれの登場人物がより深く描かれています。特にホッパーとエルは、意外な組み合わせでありながら(シーズン1の最後に匂わせてはいましたが)暖かいものを感じさせてくれます。実の親子のように喧嘩もするし仲直りもします。エルの表情がシーズン1よりもはるかに豊かになっているのは、ホッパーのおかげでしょうね。

また、前回はマイクが少年達の中心にいましたが、今回はそれぞれにスポットが当たっています。ルーカスは転校生のマックスに気に入られようと頑張っているし、ダスティンは謎の生物をペットにして喜んでいる。ウィルに関しては「この子の取り憑かれる演技の才能は何なんだ!?」と言いたくなるほど、痙攣や発作の時の迫真の演技は、実際に友人がこうなっているのを見たらこっちがちびりそうになるレベルです。

そして、エルとホッパーもですが、シーズン2ではもう一組意外な組み合わせのコンビが誕生します。それがダスティンとスティーブ。科学オタクでゲーム好きで、外見は冴えないけれど周りのこともよく見ている優しい文科系男子のダスティンと、髪型もバッチリとキマッていてモテるけれど、シーズン1ではちょっと嫌な奴だったスティーブ。この正反対なふたりの凸凹しながらもコミカルで愛すべき友情も、このシーズン2の見どころです。ダスティンは母親も登場して、そこのやりとりも笑えるので、ぜひ注目してください。

あと個人的にオススメしたいのは、ジョイスの恋人として登場するボブが、初登場時はほんの脇役にしか思えなかったのに、物語が進むにつれて、無くてはならない存在になっていく様子や、世間への警鐘を鳴らさんと意気込むジャーナリストのマレーなど、新キャラ達の活躍も見どころです。
シーズン1からいるキャラクター達は多少のことには慣れてしまってあまり驚かなくなっているところでも、シーズン2から登場した彼らには驚愕の事実や衝撃の展開の連続で、その対比なんかも観ていて面白いです。

シーズン2もイッキ見間違いなし!

シーズン2はシーズン1よりも1話多い全9話です。その9話の中に、恋や友情などの青春要素が絡んだSFホラーファンタジーの物語が詰め込まれています。迫り来る怪物の影と、登場人物達の絆や衝突を描いた物語が、エンドロールが終わる瞬間に次のエピソードを観る衝動をかきたてます。
一度見はじめて波に乗るとイッキ見してしまうことは間違いないので、出来れば週末に見始めることをオススメします!

シーズン2を観た後はネタバレ満載「大解剖」も!

シーズン2を観た後はキャストやスタッフ達によるネタバレ満載なアフターショーの『ストレンジャー・シングス 大解剖』もオススメです。
本来の、普通の少女の表情に戻ったエル役のミリー・ボビー・ブラウンの屈託なき笑顔や、彼女よりも精神年齢が一層低く見える思春期の少年達ならではの落ち着きの無い様子、大の大人のクセに彼らと割と本気で言い合うような意地の張り方を見せる物語の生みの親のダファー兄弟や、そんな子どもっぽいやりとりを優しく納める製作総指揮のショーン・レヴィなど、どいつもこいつも可愛らしさ満点ですので、こちらも是非とも合わせて観てみてください。

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン2公式サイト

あわせて読みたい