4連休、退屈しのぎにHuluで「住住」を観て、お家でまったり過ごそう


image: 住住 (2017) が見放題! | Hulu(フールー) 【お試し無料】

コロナ禍でせっかくの連休もただただ退屈なものに

久々の更新となります。皆様いかがお過ごしでしょうか?新型コロナウィルスが流行してから早半年近く、非常に多くの人たちの日々の生活が一変し、楽しみは激減。毎日の生活にも変化が出ています。

7月は23日〜26日が4連休と、例年であれば旅行に行ったり、BBQをしたりと楽しいことが目白押しの月になるはずが、2020年はそうもいかず、都内では連日200人以上の新規感染者が確認されたり、都知事から不要不急の外出を控えるように要請されたりとしています。

外出が、無理なら家で、Huluを、オススメするは、ドラマ「住住」

外出も怖い、オンライン飲み会も昼からするわけにはいかない。4連休の1日目は、掃除や洗濯など家のことをすることで時間が過ぎたけれど、2日目以降はどうやって暇をやり過ごそう。。という人もいるかと思います。
そんな時に、頼りになるのが動画配信サービス。
NetflixやAmazonプライムビデオ、YouTubeなど様々な動画配信サービスがありますが、今回はHuluよりドラマ「住住」を紹介したいと思います。

ドラマ「住住」は2017年に日本テレビで放送されたバカリズムさん原案の連続ドラマ。バカリズムさんと、オードリーの若林さん、そして女優の二階堂ふみさんがそれぞれ“同じマンションに住んでいる”という設定で本人役を演じています。

このトゲトゲした日常に差し込む、ユルさという名の癒し

本作の見どころは何と言ってもそのユルさ。バカリズム×若林×二階堂ふみという絶妙なキャスティングと、この3人が同じマンションの住人でそれぞれ自分自身を演じるということで生まれる力の抜け加減が、凝り固まった肩をフニャフニャにほぐしてくれます。
テレビを付ければコロナだの不倫だの炎上だの汚職だの色々と気分が落ちることが多い今の世の中で、ちょっと変わったこの3人の日常をちらっと覗き見することで、少しでも和んだ気持ちで日々を過ごしていただきたいです。

雰囲気でいうと『子育てプレイ』や『時効警察』みたいなユルさ


image: 金曜ナイトドラマ『時効警察』|テレビ朝日


image: 子育てプレイ|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

本作に物語らしい物語はありません!ただただバカリズム・若林・二階堂ふみの3人がダラダラと駄弁っているだけです。ただそれがバラエティ番組のスタジオではなく、ある時は若林さんの家の居間で、またある時はバカリズムさんの家の仕事場の脇で繰り広げられているだけ。3人とも演技とはいえ、その様子は仕事を終えて、家に帰るとご近所さんが集まって「ちょっと暇つぶしのお話でもしましょうか」というようなノリなので、とても自然な雰囲気が味わえます。
その様子の雰囲気を例えるなら、10年以上前に毎日放送で放送されていた『子育てプレイ』や、昨年10月に復活したことでも話題となった『時効警察』のようなユルさ。
『子育てプレイ』とはみうらじゅんさん著のマニュアル本を原作とするドラマ『親孝行プレイ』から派生した子育てドラマです。田中圭さん、福士誠治さん、大口兼悟さん、田口浩正さんがマンションの一室をルームシェアしているところに、拾った赤ん坊が転がり込んできて、男4人による子育てが始まる、、というコメディドラマです。
『時効警察』はオダギリジョーさん主演、麻生久美子さんらが共演する、「時効になった事件を趣味で捜査し、解決する警察官とその仲間たち」の物語。趣味だし時効だし、ということで過去の事件の真相を暴いてその真犯人がわかっても、そのことは誰にも言わないで、さらにはその真犯人に「誰にもこのことは言わないことを約束する“誰にも言いませんよカード”」を渡すというユルさを極めた推理ドラマです。

これらのドラマに共通して言えることは、何も考えないで、肩の力を抜いて観れるということ。
誰が裏切っただの、誰と誰が付き合うか否かの境界にいるだの、来週誰が死ぬだの、もやもやドキドキわくわくハラハラといった感情とは無縁の、その瞬間だけ観てほっこりすることの出来るドラマです。
正直、『住住』も『子育てプレイ』も『時効警察』も大まかな設定と、所々の印象的なシーン以外はほとんど内容を覚えていません(笑)
それくらいがちょうど良い温度感の物語なのです

升野さん×若林さん×ふみちゃん 3人が織りなす独特な関係性

アイデア勝負で様々な観点からの笑いを生み出すバカリズム、相方や共演者にあーだこーだ言いながらもそれを笑いへと昇華する若林、そして抜群の演技力で女優としてその地位を確固たるものとしている二階堂ふみの独特なキャスティングも本作の大きな魅力です。
ちょっと良いように書きましたが、要は「ああ言えばこう言う、口が達者な」バカリズムと、何かと流されがちな若林、変な子二階堂ふみの3人だからこそ出来上がったものなのでしょう。何がどう良いのかを口や文章で表すのは非常に難しいので、とりあえず一度観てみてください。1話あたり30分程度なのでサクッと観れますし、ハマればハマります。
いくつかお気に入りのポイントを挙げるとするなら、それぞれの呼び方が変化していったところ。特に元から仲良しで部屋を行き来していたバカリズムさんと若林さんとは違い、新たにふたりの和に加わる形で物語がスタートする二階堂ふみの呼び方が、ふみちゃんになる辺りがとても、ニマニマしながら観られます。
もう一個は、それぞれみんな素な感じの中でも特に嬉しかったのが、2リットルのペットボトルのコーラをグラスに注いだ後、残ったコーラの炭酸が抜けないようにペットボトルをベコっと凹ませてからキャップを閉じるふみちゃん。
特に誰かに拾ってもらえるボケをかましたわけでもなく、話題に上がる訳でもない、ほんのちょっとの1シーンですが、ものすごく女優・二階堂ふみに親近感が湧きました。
以上、Huluで見れるユルユル系ドラマ『住住』、この連休中にぜひご覧ください。

Hulu『住住』はこちら


あわせて読みたい