『13の理由』シーズン2絶対アフターショーまで観るべき!


image: 13の理由 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

Netflixオリジナルドラマ『13の理由』のシーズン2が配信スタート

2017年に最も視聴されたドラマのひとつとされるNetflixオリジナルドラマ『13の理由』。そのシーズン2が5月18日から配信スタートとなりました。
シーズン1では、自殺した少女ハンナの自殺に至った13の理由が、ハンナの残したテープによって明らかにされていきました。

シーズン2では、シーズン1では明かされなかった「ハンナの自殺の理由を別の視点から見た事実」が明かされます。物語はハンナの自殺を巡る、娘を亡くしたハンナの両親vsいじめを放置した学校の裁判を軸に描かれていきます。
シーズン1についての紹介はこちらの記事を参照ください。

Netflixオリジナルドラマ『13の理由』シーズン2が配信開始! 復習の為にシーズン1のあらすじと感想

※以下の記事では『13の理由』シーズン1のネタバレを記載しています。シーズン1を未見の方はご注意ください。

このドラマは全世界で大ヒットを記録しながら、そのあまりにもショッキングな内容や、いじめ、性的暴行、薬物使用についての描写など、青少年に対して悪影響を及ぼすものとして、批判の声も上がっています。
そこでここでは、シーズン2の見どころと鑑賞する上で注意したほうが良い点、そして最後まで観た人には絶対に観て欲しい、キャストやスタッフ達によるアフターショーについて紹介したいと思います。

シーズン1の結末からシーズン2の見どころと注意点

シーズン1の最後にトニーがハンナの両親に渡したテープと、聴取の際にタイラーが弁護士たちに対してテープの存在を話したことで、ハンナのテープは証拠として上がりましたが、死んでしまったハンナだけの主張では不十分ということで、彼女の自殺の理由として挙げられた人々が毎話、裁判の証言台で証言をしていきます。
そしてシーズン1ではハンナのモノローグのみで進められていたものが、シーズン2ではそれぞれの人々の視点で語られるようになり、ハンナのテープでは語られることのなかった新たな事実が多々語られていきます。

シーズン2の見どころ①【衝撃の事実の数々】

シーズン2の一番の見どころは、なんと言ってもそのハンナに関する衝撃の事実の数々です。
ハンナとコートニーのキスの裏側や、ハンナがまだジェシカとアレックスと親友だった頃の一幕。クレイが夏休みに田舎に祖母の家に行っている間のハンナなど、衝撃の事実のオンパレードです。
しかもシーズン1ではハンナの視点でしか語られていなかったから、彼女を信じるしかなかったのが、いろんな人の証言が飛び交い、その衝撃の事実の数々が、今まで抱いていたハンナ像をどんどん覆していきます。

シーズン2の見どころ②【魅力が増した登場人物たち】

そしてシーズン2のもうひとつの見どころは、シーズン1でテープに挙げられた少年少女達+大人の活躍です。自分達のしたことを反省し、後悔し、彼らの多くはハンナの名誉回復のため、ハンナの有利な証言をしようと裁判に臨み、また裁判以外の場でも行動を起こします。

特にジャスティン、シェリ、アレックス、ジェシカ、ザックの活躍は見ていて惚れてしまうレベルです。シーズン1の最後にジャスティンはジェシカに振られて街を出て、シェリは自分のしたことの責任を取るため警察に自首、アレックスは色々なことに耐えられなくなって拳銃で自分の頭を撃って自殺を図りました。ジェシカは自分がブライスにレイプされたことを知り、ザックは、、特にこれといった結末は迎えていなかったですね。

そんな彼らが、シーズン2ではもう、もの凄く良いポジションにいます。それぞれがハンナの自殺や他の事件からの立ち直りに向けて支え合い、奮起し、更生していく様子に心を打たれます。ちなみに個人的にはシェリが大好きです。彼女のことは姐さんとお呼びしたいです(笑)。

シーズン2の注意点①【衝撃的で残酷な展開】

衝撃な展開は、ハンナに関する衝撃の事実の発覚だけではありません。残酷なシーンという意味でもシーズン1より衝撃は多いです。裁判での証言を妨害しようとする何者かによる脅迫もですが、最終回にはシーズン1のハンナの自殺シーンやレイプシーンにも匹敵するほどの残酷なシーンが待ち構えています。ハンナを演じたキャサリン・ラングフォードのシーズン1の、ブライスにレイプされたシーンの表情の変化もそうでしたが、本作の役者の方々の迫真の演技は時に本当に怖くなるほどのものです。過度な性的暴力シーンや、被害者が追い詰められているシーンなどは実にリアルに描かれているので、本気で注意してください。

シーズン2の注意点②【浮き上がるハンナの別の一面】

そしてもう一点。ハンナ信者は傷付きます。もしあなたがクレイ並みにハンナのことが好きならば、今まで知らなかった彼女の一面に傷付くこともあるでしょう。今回のシーズン2はハンナを追い詰めた人たちの、それぞれのストーリーを描いているものです。
だから、彼ら彼女たちにとってのハンナの事実が浮き彫りになった時、「ハンナのことがわからない」とクレイがそんな風に思い始めるように、観ているあなたも「こんな女だとは思わなかった」という思いに囚われる瞬間があるかもしれません。
しかしそんな瞬間に、ジャスティンの名言が光るので、そこは是非とも注目して頂きたいです。

最終回まで観たら、アフターショーも観るべき!

シーズン2を最後まで観た人は、絶対にその後にキャストやスタッフの人たちが本作で扱った問題について語り合う「現代が抱える社会の闇を考える」も観て頂きたいです。
そこでは、そこでは本編では絶対に観られないようなキャストの面々の仲睦まじい姿や、残酷なシーンを撮影した意図などが語られています。クレイ役のディラン・ミネットがブライス役のジャスティン・プレンティスとじゃれ合っているシーンや、トニー役のクリスチャン・ナヴァッロのジョークは本編では見られない貴重なほっこりシーンです!
また、いじめや性的暴行シーンや、銃の取り扱い、薬物使用のシーンを撮影する上での、キャストやスタッフの覚悟や、現場に駐在した専門家の方々のサポートなどが語られています。こちらのほうが重要で、このドラマの描いているリアリティ溢れるフィクションが視聴者に何を訴えかけているのか、このドラマで何を伝えようとしているのかが、明確な言葉にして語られています。

確かに本作を最終回まで観ると「マジか・・・。」と呆然とすることは間違いないです。実際、筆者自身も本編を観終わった後はしばらく、何も考えられませんでした。しかし、本編だけを観て「残酷だった」とか「不快感を覚えた」と切って捨てるのではなく、その裏にどういった意図があるのかを知ることで、このドラマへの印象がまた大きく変わってきます。本編を全て観た人は、是非とも合わせて観てください。

あわせて読みたい